治療

診療科目
予防治療
診察
診察日・時間
診療日・診療時間
※土曜日は
    8:00-12:00 13:00-17:00の
    診察になります。
※日・祝日は休診日です。

インプラント

失った歯の根に人工の歯根を入れることによって、今までの歯と変わりなく物が噛めるようになったり過ごしたりできるようになる治療法です。
池田医院では、充分な実績と経験を持ち、安心してインプラントの治療を受けることができます。

インプラントってなに?

インプラントとは、虫歯や歯周病または怪我などで歯を失ったときに、義歯が簡単にはずれないように骨に直接人工の歯(人工歯根)を取り付けることです。現在多く使われているインプラントは純チタンか、チタン合金でできていて、先端がねじのようになっているものや、シリンダー状などになっています。

インプラントやいれば・ブリッジなどの違いについて
  • 入れ歯の長所
  • ・治療が簡単。短期間でできる。
  • ・通常の材質・方法なら治療費が安い。
  • 入れ歯の短所
  • ・噛み心地が悪く、硬いものが食べにくいことが多い。
  • ・がたついたり、違和感を感じやすい。あごの骨がやせる事がある。
  • ・食べ物が挟まって口の中が不衛生になることが多い。
  •  
  • ブリッジの長所
  • ・固定されるので違和感が少ない。
  • ・セラミック製なら天然の歯のように見える。
  • ・治療が短期間ですむ。
  • ブリッジの短所
  • ・両隣の健康な歯をけずらないといけない。
  • ・支えになる歯に大きな負担がかかる。
  • ・ブリッジと歯肉の間に食べ物のカスがつまり不衛生になりやすい。
  •  
  • インプラントの長所
  • ・自分の歯と同じような感覚でいられる。
  • ・天然の歯と変わらないくらい美しい。
  • ・周りの歯を傷つけない。自分の歯を多く残せる。
  • ・あごの骨がやせるのを防ぐ。
  • インプラントの短所
  • ・手術に1日かかる。
  • ・治療費が他と比べて高い。
  • ・骨への定着期間を入れると治療期間がかかる。
インプラントって痛い?

インプラント治療のイメージ

インプラント治療のイメージ

 

 

インプラント治療のイメージ写真

 

インプラント治療のイメージ写真

インプラント治療のイメージ写真

インプラントの歯科治療は痛くないと言われる方が多いです。
まれに手術後に腫れが出る場合がありますが、外からは分からない程度の腫れで、長い人でも1週間位で引くことが多いです。
ただ、インプラント治療は手術をともないますので、ご自身の健康や体力などに色々不安もあると思います。
しかし、当院の歯科麻酔技術は痛くない注射を使用していますので、痛みはほとんどありません。インプラントの治療のご相談はお気軽におたずねください。

歯列矯正

歯列矯正イメージ歯並びやかみ合わせが悪いとお悩みの方はとても多いです。
歯列矯正は一般的には悪い歯並びを美しく改善する治療のことですが、ただ歯並びを改善するだけではなく、発音を良くしたり、発達障害を改善したり、歯をみがきやすくするなどの虫歯や歯周病の予防の効果も得られます。

ホワイトニング

歯が黄色くなって困っていませんか?
加齢やコーヒー紅茶などに含まれるステイン、タバコのヤニなどが原因で黄色くなりやすくなります。
ホワイトニングは歯を削らずに着色した色の汚れを落としたり、歯石を除去するなどして、歯の色を漂白して白くすることです。池田医院ではそれぞれのケースにあった美白をいたします。

虫歯・歯周病治療

虫歯や歯周病は一度かかると自然には治ることがない病気です。
成人のほとんどがどちらかには罹患しているほど身近なものですが、放っておくと歯が抜けたり、抜歯が必要になります。
歯のダメージを軽減するためにも、できるだけ早く進行段階に適した治療を受けましょう。

虫歯の進行

虫歯の原因は、
1.口の中にある虫歯菌やミューたんす菌など歯を溶かす酸を作り出すことで虫歯になります。
2.飲食物に含まれる等分が虫歯菌の餌になり、酸を出す力を助けてしまいます。
3.歯の質によって、虫歯になりやすい人がいます。
4.歯みがきを怠るなど、糖分や菌が歯に付く時間が長くなると虫歯になりやすくなります。

C1
【初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が徐々に溶け出している段階です。まだ痛みはなく穴や黒ずんだりというのもありません。この段階なら適切なブラッシング・歯科医院でフッ素コーディングの処置で自然に治ります。
歯の表面のエナメル質が細菌によって溶けている段階です。まだ痛みなどの自覚症状はありませんが、歯の表面のツヤがなくなり薄黒くなります。この段階なら薄黒くなった部分を削り、できた穴にプラスチックの詰め物を入れて治療します。
エナメル質の内部にある象牙質まで虫歯が進行してしまいます。
冷たいものや甘いものなどを口に入れると痛みが出だします。また黒ずみができ、穴があき、見た目に虫歯とわかるようになります。
虫歯の部分を削り、詰め物をして治療します。
象牙質の内部にある神経(歯髄)まで虫歯が進行してしまった段階です。炎症や強い痛みを常に感じ、大きな穴があき、たまに膿が出る場合もあります。
虫歯部分を大きく削り、神経を取り除いて被せ物をします。
歯の根まで虫歯が進行してしまった状態です。
歯の神経が死んでしまったため痛みは感じませんが、歯根の先などが化膿して炎症が広がる場合があります。ここまで行くと抜歯が必要です。歯を抜いた後はインプラントや入れ歯などにより歯が抜けた部分を補うことになります。
C2
【エナメル質の虫歯】
C3
【象牙質の虫歯】
C4
【神経まで達した
   虫歯】
C4
【歯根まで達した
   虫歯】
歯周病の進行

かつて「歯槽膿漏」と呼ばれ、今でも8割の日本人が罹患しているか予備軍といわれている病気です。
歯垢に棲む歯周病菌が出す毒素により歯茎やあごの骨などが破壊されていきます。歯茎に炎症が起き、次第に歯を支えるあごの骨が溶け、悪化すると歯が抜け落ちることもあります。

歯肉炎
軽度の歯周炎
中等度の歯周炎
重度の歯周炎
歯茎に炎症が起きている状態です。歯みがきの時に出血しやすくなります。
歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝)の深さは3mmほどです。
あごの骨が溶け始めている状態です。歯茎が腫れ、歯みがきの時に出血するだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
歯周ポケットの深さは4mmほどです。
あごの骨が半分くらい溶けてしまっています。歯を指で押すとぐらついたりします。歯茎の腫れや出血に加え、歯が浮くような感じになったり、口臭が強くなります。
歯周ポケットの深さは6mmほどです。
あごの骨が2/3以上溶けてしまった状態です。歯のぐらつきがひどく、歯茎が下がり歯根がむき出しになり歯が長く見えたり、歯と歯茎の境目から膿が出て口臭がさらにきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは8mmほどになり、とても深くなります。

小児歯科

小児歯科イメージ小児歯科は、歯並びの矯正や虫歯・歯周病予防など、子供のうちから「予防できること」と、虫歯治療など「治療しておかなくてはならない」ことをさします。
大事なお子様の歯を守るためには、お子様が小さい頃から予防ケアの習慣をつけてあげることが必要です。池田医院では、お子様も安心して治療できるよう、配慮しています。